VE-2 Titan Equator Desert Racer | VE-2 イエローフレーム

2017
scale:1/20
衛星タイタンでは液体のメタンの川や湖、雨として存在する。VE-2のエンジンはタイタンに豊富に存在する液体メタンを主成分とする液化天然ガス(LNG)を燃料とするLE-8 推進10t級液体ロケットエンジンを搭載する。
従来、LNGを燃料とした場合、液体メタンは精製され割高なものを使用するか、火星など二酸化炭素が主成分の大気と水素からサバティエ反応によりメタンを生成するのが主流である。VE-2ではタイタンに降り注ぐメタンの雨を圧送式推力室からターボポンプを省略し、直接ガス発生器に送ることで2段目全体の質量を軽くし能力低下を補う構造を可能としている。地球大気圏内での使用と比較して比推力が12秒高く、沸点が91Kの液体酸素と近い110Kであるため、タンクの推進剤間の断熱が不要なのも特長である。
ブルーフレームによる地上最速世界記録である1014.513 km/hは、1970年10月23日以来破られていなかったが、土星の衛星上とはいえ、約100年後である2071年1月20日に2706.084 km/hという記録で破られることになる。その見た目から、イエローフレームと呼ばれる。搭乗者はイバン・コステリッチ。